リハビリしている人達

心当たり

眠るあかちゃん

妊娠できていないという事が不妊の症状ではありますが、不妊には少なからず自覚症状があるのです。それは、男女共通のことです。心当たりがあるのであれば即不妊治療に望むべきなのです。

Read More

保険について

体温計をみる女医

不妊治療には方法が何通りかあります。特に妊娠の母体となる女性の場合は、男性より治療方法は多いです。治療には保険が適用される方法と適用されない方法の二通りに分ける事が出来ます。どちらがいいのかはその人の症状次第です。

Read More

子供を授かりたいのに

親指でGOODを表す女医

子供を作りたくても一向に出来ないというのは、ただ運が悪かったという事が原因ではなく、身体的な事が原因である可能性があります。
身体的な事といっても、医療の素人である方々にとっては原因が何だかは当然理解が出来ません。
放っておいてしまっては、子供を授かる事は難しい状態になります。
行うべき事と言えば一つです。それは不妊治療です。
原因には色々ありますが、もしかすると何か重大な病気が発症してしまっているかもしれません。
なおさら放って置く訳にはいなかない事であるのです。
子を授かれないと嘆き、自分達を責める事は無意味です。まずは原因を突き止めてからの不妊治療が大切です。
女性側が不妊症に発症してしまっている事も、男性側が不妊症に発症してしまっている事もあるのです。

不妊症を疑い、そして不妊治療を受けたいと考えたとします。しかしその場合どのタイミングで病院に行くべきであるかどうか、悩んでしまう事もあります。
本当は悩んだ時点で、即産婦人科には赴いた方が良いのです。
悩んでいるという事は自分に不妊の気があると思っているからです。そうであるのなら病院へ行き白黒はっきりと付けたほうが自分自身の為にもなります。
本来であれば結婚後一年間に、子供を作る為に行為を行っているのにもかかわらず一向に妊娠しない場合は病院へ行くべきだとされています。
一年という期間に一度も妊娠出来ないとなると、男女のどちらかもしくは双方に不妊症の疑いがあるからです。
不妊治療は様々ありますし、男女共内容は多少異なります。
不妊症であると分かっても自分を責めたりせず、まずは医師の下で的確な不妊治療を一生懸命受けるべきです。

病気によって

親子の手

不妊には男女共に色々と原因がありますが、性的機能の障害や子宮内膜症などといった病気の発症による不妊も多いのです。それらの治療も含めて不妊治療は懸命に行われるのです。

Read More

決断を

妊婦

不妊治療をしている際に、体外受精が一番であると判断される時もあります。その場合ですが落ち込むのではなく、その判断をどう捉えるのかが大切です。不妊症完治より体外受精の方が的確である場合もあります。

Read More